So-net無料ブログ作成

第6章 就職そして逝去 エピソード5 夕闇の山裾で [第6章 就職そして逝去[Work&Death]]

   コウは、仕事で高い山の中腹に上り、日が落ちた麓の盆地を
見下ろしていました。
帳の落ちた街の灯は、コウの胸を締めつけ、人恋しくさせました。
コウは、その灯の一つ一つに人の営みと喜怒哀楽を感じました。
 
   なぜ自分はここに一人立ってそれを見つめているのか
と問いかけました。
   この仕事をやめれば、あの灯の中に明日からでも
飛び込んでいけるのに。
でも、その後どうするのだ。働かなければ、絵を描くため
画材は買えないし、時間も得られないというのに。
自分には、絵を描くという長い長い夢があるというのに。

   そしてコウは、この自然の美しさと人の生活の思いを
絵にしなければと強く思ったのでした。
 
IMG_9302 (640x480).jpg

タグ:夕暮れ 灯り
nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。